リノベーション知りましょう

リフォームとリノベーション、どこがどう違うのでしょう。
まずリフォームとは、皆さんがよくご存知と思います。
汚れてしまった壁紙やクロスを張り替えて新しくする。
古くなってしまった内装を新しくすることです。
これに対しリノベーションとは、内装を変えるだけでなく、部屋割りを変えて動線を良くしてみたり、部屋をバリアフリーにして将来に備える、更には耐震性を強化させるなどして生活空間の向上を目指し、改装や改築することを言います。
つまり、悪いところを新築のような元の状態に戻すことリフォームと言うのです。
ですがリノベーションは、初期の状態よりさらに機能を高めて住み心地を良くして住みやすくすることです。
リノベーションには、動線改善、配管工事による水廻り全般の移動など大規模な工事が主に言われるようです。
またシックハウス対策や間仕切り変更など、そして防犯強化や外壁の変更から断熱材の採用など多くの工事が言われるのです。
リフォームよりリノベーションの方がコスト高になることは、間違いないと考えられます。